ACP「人生会議」研修会

 

2018年11月30日に厚生労働省はACPの愛称を「人生会議」と決定、11月30日を「人生会議の日」と制定し、国民全体に広くACPを啓発していくことを発表しました。介護支援専門員も医療スタッフと連携し、本人、家族の意思決定支援を共に支えていくことを求められています。今回、あいちACPプロジェクトの研修を監修している国立長寿医療研究センター三浦久幸先生をお招きし、介護支援専門員に必要な倫理観とACP「アドバンス・ケア・プランニング」の理解を深めるという研修を企画いたしました。ぜひご参加ください。

※9月5日午前、同会場にて「倫理研修」を予定しています。(詳細は後日)


ダウンロード
190718 0905 ACP研修案内01.pdf
PDFファイル 172.2 KB